ビニールボックス

医療機器製品・部品の製造のことなら

ビニールボックス

2020-05-06

新型コロナウイルス(COVID-19)感染者への気管挿管時に、飛沫感染予防をするためのアクリスボックス型エアロゾル・バリアボックスです。同感染者の内視鏡検査、気管内吸引や口腔ケアにも応用できます。
ビニールボックスの資料をダウンロード

ビニールボックスの仕様

ビニールテント

仕様
ビニールテント
内寸:500 x 500 x 400 mm
骨組み:樹脂被覆スティール+プラスティックジョイント

特長
骨組みを組んでテントを被せるだけのカンタン組立!
軽量で持ち運びもラク!
正面に挿管用の2つの切り込み!
分解式なので翌シーズンのための保管は省スペースにて!
※アクリルと比較して視界はやや劣りますが、十分に使えてコストパフォーマンスが高い!

組み立て方法

ただいま編集中・・・

写真①
写真②
写真③
写真④
写真⑤
写真⑥

※製品に組み立て方・分解方法の説明書を添付しています。

ダミー人形を使った気管挿管のシミュレーション

使用例
使用例

開発者より

新型コロナウイルスの感染により、とある病院からアクリル素材のエアロゾルボックスの作製依頼を受けました。

当初はアクリル板を張り合わせて穴を開けただけなら安くできるからいいと思っていました。ですがユーザーの気持ちになって考えてみると、完成形だと運搬配送時に費用がかさむ、保管時にも場所を取って邪魔になるだろうと考えました。

またアクリルは衝撃に弱い部分があるので角をぶつけるとひび割れるリスクもある。そうするとアクリルで作ると同時に他の方法も模索したほうがいいのではという思いに至りました。テレビでは1日中新型コロナのニュースばかり流れているので、開発のヒントを見つけるのに苦労することはありませんでした。それでできたのがビニールボックス型でした。

アクリルに比べると視界が多少劣りますが、挿管などの精度の高い手技にも対応できると思います。また軽量のため持ち運びがラクなので、気管内吸引や口腔ケアなどエアロゾルが発生するような処置にはとても扱いやすいと思います。

加えて救急搬送の際の応急の飛沫感染防止、手術や患者の容体が急変した際にも医療者を守るための道具として幅広く活用されることが期待されます。

このビニールボックス型エアロゾル・バリアボックスご用命の際は下記の「注文フォームへ」のバナーから今すぐお取り寄せください。ご注文をお待ちしております。

(2020/05/06)

ビニールボックス用予備ビニールの取り扱いを始めました。ご用命の際は注文フォームよりお知らせください。

(2020/08/01)


ビニールボックス型
 エアロゾル・バリアボックス

 内寸:500 x 500 x 400 mm
 価格(税込)33,000円



PAGE TOP

新着記事INFO



東葛医療ものづくり会

電話:047-382-5762
info@tokatsumed.jp




MENU

CONTACT
HOME