トップページ

医療機器製品・部品の製造のことなら

東葛医療ものづくり会の実績

エアロゾル・バリアボックス各種

飛沫感染から医療従事者を守れ!

ビニールテント

カンタン組立・分解ビニールテント
(配送・運搬・持ち運び・保管もラク)

アクリルボックス

組立・分解式アクリルボックス
(省スペース保管)

ビニールテント

カンタン組立・分解ビニールボックス
(配送・運搬・持ち運び・保管もラク)


ちばテレビの取材

世の中に役立つものを作り出すために

千葉県の医工連携ものづくり企業体が医療機器の開発・設計から販売までOneStopで手掛ける未知への挑戦。東葛医療ものづくり会はものづくりの常識を変えていきます。

ある時、医療機器の部品作製の依頼が来て仕事を進めていくうちに依頼主から「器具全体が作れないか」との相談を持ち掛けられました。その時、

「自分の会社だけでなく様々な要素技術を持った会社が集まってより大きなことができたら面白いだろうなぁ」

との思いが湧いてきて、付き合いのある地域のものづくり会社の社長たちに声をかけてみました。そうしたらその思いに賛同してくれる仲間がひとりまたひとりとできて、2018年2月、東葛医療ものづくり会を発足させました。

医療機器に重点を置こうと考えたのは、集まった仲間を見ると、医療機器の開発から販売までのぞれぞれの役割を隙間なく担える会社が集まったこと、これが最も強みになると直感したからです。

加えてどのものづくりの会社も工業製品中心で医療機器の分野の経験が少なかったこと。さらに医療機器分野は法律の規制が厳しく、イノベーションが起きにくい現状があり、将来的に伸び代が大きいと感じたからです。

といっても、この会は地域の会社が集まっただけで今はまだ任意団体です。しかし月1回の定例会を持ち、大小さまざまな案件を持ち寄って、とにかく依頼された案件を形にするという実績作りに力を入れているところです。

そんな中で、当会オリジナルで製品開発をして、ゆくゆくはそれを販売することまで手掛けることを目指しています。そうすると利益分配の話になるので、必然的に法人化も視野に入れる必要があるとの認識で今後の活動を展開していくことになるでしょう。

とにかく今までになかったような器づくりの下地、それはものづくりだけでなくマーケティングや販売まで手掛ける体制、さらに大手企業や行政に言われたのではなく下から自然発生的に生まれた連帯感はできました。

おそらく他ではなかったような体制の団体だと思います。あとは成果を1つ1つ積み上げていくだけです。そして時間はかかると思いますが、大きな成果を作り上げたいと考えています。

署名


PAGE TOP

新着記事INFO



東葛医療ものづくり会

電話:047-382-5762
info@tokatsumed.jp




MENU

CONTACT
HOME